こちらNJ編集部!

ノーマ・ジーンのスタッフブログ

norma jean online

春を先駆け♥ NJ3月号配本しま〜〜す!!

        ノンジャンル

 

ノーマ・ジーン3月号は23日配本で〜〜す!

なぜなら、25日が土日の場合は前金曜発行だからです!

 

ぜひ「一刻も早く手にしてもらいたい」!!

そんなノーマ・ジーン3月号のラインナップをご紹介します♪

 
今回の巻頭は

『母なる味を辿って…ちっご醤油蔵』

 

(*^o^*)(*^o^*)(*^o^*)(*^o^*)!

日本の食卓に欠かせないものの1つ“醤油”。
 
意識せずとも、その味は私たちの心の真ん中に沁み付いています。
 
 
そんな身近な醤油ですが、
 
全国に約1,500もの醤油蔵があるんです!!
 
そして、そのうち100の蔵が福岡県にあるんです!!
 
 
 
もちろん、この“ちっごエリア”にも多くの蔵が存在しています。
 
 
特別なこだわりを持つ醤油蔵や
ちょっと変わった商品を造っている醤油蔵など
 
4つの蔵にスポットを当て、“地元の味”に迫りました。
 
 

要必見です♪ 

 

 

そして、注目して欲しいのは巻頭だけではありません!

春を感じられる特集もたくさん用意しています♪

▼▼▼

贈って嬉しい、使って楽しい! 春のハンカチSELECTION
春が私をキレイにする 女子力UPのヘアチェンジメニュー
笑顔満開♥ 歓送迎会特集
家族の楽しい毎日を♪ ママお役立ちINFO vol.2
イキイキ女子に変身♪ Let’s身体メンテナンス!

 

春ってなぜこんなに浮かれた気分になるんでしょうか。。。

さすがの私も何か。。。

 

女子っぽい行いをしようという気になる不思議な季節です。春。

 

 

 

表紙を飾ってくれたモデルさんのオフショット♪

表紙では柔らかなイメージを受けるかもしれませんが、

 

カバーガールでは

一変!!!!!!

 

ちょ〜〜〜〜〜〜クールでカッコいい

カバーガール写真が撮れたので絶対に見て欲しいのです!!!!!!!

P.62 要チェック

 

撮影をしていたらその場に2匹の猫が寄ってきて座り込んでしまったので、「これもまたアリですね!画になりますね!」と前向きに猫込みでの撮影もしてました(笑)

 

 

そして今回、衣装協力をしていただいたのは

西鉄久留米駅近くにある『NETWORK』様!


上品だけれどカジュアルにも着こなせる

春カラーがぞくぞく登場しています!

広々とした店内にはバッグやヒール、小物類もたくさん♪

品のあるゴージャスなパーティードレスも取り揃えられていますよ♪

外も暖かい日がちょこちょこと増えて来ましたね!うれしい!

春カラーを纏ってお出掛けに行きましょう

 

 

by:meshitaki(私もピンク物買ってみます…)

  関連記事

norma jean6月号★

たぬきの国からこんにちは。え??たぬき?って思ったアナタはコチラへ。 先日、酔っ払ってこの体勢で中島みゆきの「ファイト!」を熱唱し

ふたご座流星群

みなさんは、ふたご座流星群を見ましたか? 0時前頃、10〜15分ほど空を見上げていると、2〜3個の流れ星が見られました! なかには、

【緊急募集!】読者レポーター募集♪

台風が近づき、天気は荒れ模様。 暑さが和らいだのはいいですが、外出の際は注意が必要ですね。   さて、今日は「読者レポー

オシャレ(?)なブログに挑戦します!

こんにちは! 久々登場の営業Y.Tです! 先日はお休みを頂いて、友人と筑後市の恋木神社に行ってきました☆ 気になるおみくじは中吉でした

朝日がまぶしい!
7月号「朝活」特集の裏話

こんばんは〜!編集のNです。   お盆真っ只中ですが、お休みの方も、そうでない方も、   いかがお過ごしでし

クリスマスの大切な思い出

皆さんこんにちわ、デザイナーのNです。 気づけば12月、編集部では来年の1月号を制作中で、個人的には脳内正月なのですが、過ごしだけクリスマス

北海道横断 1000kmの旅!!!

 こんにちは、カメラマンのTです。 以前北海道に3日間で1,000km横断の旅をしたときの様子をお送りしたいと思います。  まず、札幌空港か

image11
キラリ2月号発行日★

こんにちは。 営業部のOです☆ キラリ2月号、本日発行です!! 表紙はこんな感じでーす。      

☆NJのおやつ箱☆

                                                                      

ph_life01_0007
第4回、読者イベント参加者募集中!

昨年からポツポツと開催してきた読者イベント。 初めての取り組みということで、 編集部では期待と不安が織り混ざりながらのスタートでした